開催要項

日本安全教育学会第20回山形大会
「地域と連携した学校の安全管理と安全教育」

【期日】
2019年9月7日(土),8日(日)

【会場】
山形大学小白川キャンパス A6棟基盤教育2号館(山形県山形市小白川町1-4-12)

【趣旨】
日本安全教育学会は,1999年設立以来,安全教育に関する調査研究,普及啓発,ならびに安全教育学領域の研究の発展に資する数多くの成果を挙げてきました。第20回山形大会では,「地域と連携した学校の安全管理と安全教育」を大会テーマとして掲げました。東日本大震災やその後の自然災害では学校が地域の防災拠点であることが改めて認められました。一方,学校安全の取組は,地域の地理的条件や社会的条件を踏まえたものであるべきこと,さらに,地域住民や住民組織と密接に連携すべきであることも明らかです。それぞれの地域に根ざしたその学校独自の学校安全の取組が求められています。
研究者だけでなく,教職員や行政関係者など,安全教育に関わる様々な方々のための研鑚・情報交流の場として,多くのご参加と活発な議論が展開されることを期待しています。
第20回山形大会実行委員会

【主催】
日本安全教育学会 理事長 渡邉 正樹(東京学芸大学・教授)

【共催】
東北大学災害科学国際研究所防災教育国際協働センター

【主管】
日本安全教育学会第20回山形大会実行委員会

【後援】
文部科学省,山形県教育委員会,山形市教育委員会,宮城県教育委員会,全国学校安全教育研究会,
学校安全教育研究所,自然災害研究協議会東北地区部会,宮城教育大学防災教育研修機構,
山形コンベンションビューロー,山形大学(順不同,依頼中含む)

【実行委員会】

年次学会長 村山 良之(山形大学大学院教育実践研究科・教授)
実行委員長 村山 良之(山形大学大学院教育実践研究科・教授)
実行委員 新井 猛浩(山形大学地域教育文化学部・教授)
石垣 和恵(山形大学地域教育文化学部・准教授)
小川 和久(東北工業大学共通教育センター・教授)
小田 隆史(宮城教育大学防災教育研修機構・准教授)
定池 祐季(東北大学災害科学国際研究所・助教)
佐藤  健(東北大学災害科学国際研究所・教授)
事務局 村山 良之(山形大学大学院教育実践研究科・教授)
顧問 戸田 芳雄(学校安全教育研究所・代表)
長岡 佳孝(山形市立第十小学校・校長)

【参加費】
公開シンポジウムは無料
会員(含予稿集1冊)5,000円
新規会員・非会員・大学院学生(含予稿集1冊)3,000円
学部・短大学生(予稿集なし)無料